テンプレート紹介

おめでたい雰囲気の和柄デザインが登場!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
sample-sp-japonetic01-eye

SUMAOU!に新作テンプレートが追加されました

おめでたい雰囲気の和柄デザインテンプレート!

新たな1年の幕開けに相応しい、金と富士山と太陽のデザインテンプレートが新登場!
和雑貨を扱っている店舗様から、その他の店舗様まで。
お正月や普段使いもできるテンプレートです。

ぜひご利用下さい★

詳細は、PCでご確認下さい。

詳細は、PCでご確認下さい。

検索結果で差別化を!目立つ商品画像とは?

クリック率に大きな差が出てきてしまうことも…?!

楽天市場やYahoo!ショッピングの検索結果では、必ず左側に商品画像がサムネイルとして表示されます。

そのため、商品画像を作成する際には、サムネイルになったことも考えないといけません!

「商品名を整備しているから、商品画像はオマケ程度で大丈夫」

なんて思っておりませんか?

人の脳は、文字よりも絵や写真の方を早く認識し、処理をしていると言われています。

つまり、サムネイル画像で無意識に「ふるい」かけ、商品ページに行く/行かないを決めていると考えられます!

サムネイルになったときにどのように見えるか、どのように他店舗と差別化できているか、なども考えて商品画像を作成することがとても重要になります!

では、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

今回は3点挙げてみましたので、ご参考になれば幸いです!

 

1)正方形にする

楽天市場でもYahoo!ショッピングでも、サムネイルは「正方形」で表示されます。
また、楽天市場では縦横比が極端な画像は表示されない場合もあり、
こちらのRMS内のFAQをご参照下さい
このため、商品画像は正方形に近い形で作成することが基本となっています。

では、もし、長方形で作ってしまった場合、何か問題があるのでしょうか?

結論から言いますと、特に問題はありません。
検索結果にも表示がされます。

しかし、その見栄えは一目瞭然!

サムネイルになることを想定して作成された商品画像と比べると、
左右や上下に変に余白が付いてしまい、何だかパッとしない商品に見えてしまいます…

画像:商品画像を比較してみました

このように比較すると、1番上の正方形の商品画像に目が行きますね。
それに比べて3番目の商品はどうでしょうか?

「目が行く」ということは、「クリックされやすくなる」とも言えます。

そのため特別な意図がない場合、やはり商品画像は正方形で作成することをオススメします!

スマートフォンのカメラアプリで、撮影した画像を切り抜いたり、「スクエア型」で撮影するなどもできますので、正方形の商品画像を作成することは容易になってきたのではないかと思います!

 

2)装飾をつける

正方形になった商品画像を、さらに目立たせるためには「装飾」が効果的です。

たとえば、「送料無料」や「ポイント10倍」などのアイコンをつけている画像はよく見かけますね。

アイコンはつけたいけれど、素材がない…そんな店舗様は、まずは枠線をつけるだけでも効果的!
太めの枠線をつけるだけでも、画像が締まり、他の商品と差別化できます。

画像:商品画像を比較してみました

また同じ枠線をつけることで、店舗内の商品に統一感が出ますし、お客様にも同じ店舗の商品だということをアピールできます。

「この枠がついた商品、前も見たことあるかも」と記憶にとどめてもらえる効果も期待できます!

 

3)情報は控えめに

商品の良さを伝えたい情熱から、ついつい、あれもこれもと、多くの情報を入れてしまいがちになります。

「送料無料」「◯倍ポイントアップ」「新柄登場」、1枚の商品画像に全てのバリエーションを入れてしまうなんてことも…

しかし、よく見て下さい。
サムネイルとは、こんなに小さいのです!

画像:商品画像を比較してみました

3つ目の商品は、情報を詰め込みすぎてしまった商品画像の例です。
検索結果では情報がゴチャゴチャと多くなってしてしまい、よく分かりません…

有名ブランドの商品なら、商品そのものが見えづらくなってもネームバリューで多少カバーできる部分もあるかもしれません。
しかし、店舗オリジナルの商品や、知る人ぞ知る隠れブランドだった場合、商品そのものが見えづらいのは致命的。
特に打ち出したい特徴以外は、思い切って省くことも大事ですね!

 

2017年 夏…商品画像作成が楽になる!?

さて、いかがでしょうか?
せっかくの商品も、まずは検索結果からクリックをしてもらはないと買って頂けません。
検索結果を何気なく見ているお客様にアピールするための商品画像。
ぜひ一手間かけて、クリックされるものにしたいですね!

…ハッ

「それは分かっているんだけど、やっぱり人手が足りなくて…」
というショップ担当者様の声!
しかと受け止めました!!

ということで、ちょっとだけ宣伝致します。

SUMAOU!を運営する株式会社9課では、
2017年 夏…商品画像作成がもっと楽になる?!新サービスの登場予定\(^q^)/

詳細はしばらくお待ちくださいませ♪

なお、SUMAOU!は、毎日の更新を手助けする便利な機能や、カスタマイズできる機能を搭載したスマホサイト作成ツール。
オリジナル仕様にカスタマイズすることも可能なので他店と差を付けたいと考えている店舗様にもピッタリです!

▼指定できるオプション設定の各項目については下記の通りです。

看板設定
店舗様でご用意したロゴ画像をサイト最上部に表示できます。
スライドバナー設定
自動で横に動くスライドバナーを設置することが出来ます。
現在PCサイト側に掲載している特集バナー(横長)等がございましたら、
そちらをお使い頂くことも可能です。(リンク先の設定も可)
ミニバナー設定
スライドバナーよりもサイズの小さいバナーを2つずつ横並びに設置します。
※こちらは自動で動きません
新着&更新アイテム
最近、新規登録された商品や価格変更など情報更新の行われた商品が表示されます。
売れ筋ピックアップ
直接指定された商品もしくは検索キーワードに該当する商品が表示されます。
※自動で横にスライドします
SALEアイテム
売れ筋ピックアップ同様、直接指定された商品もしくは検索キーワードに該当する商品が表示されます。
ポイント倍付けアイテム
商品別ポイント倍付けの設定された商品が表示されます。
※ショップ別ポイント倍付けは表示されません。
レビュー件数の多いアイテム
レビューが最も多く付いている商品から順番に掲載されます。
送料無料アイテム
送料無料 or 込み の商品が、価格の安い順に表示されます。
レビュー平均点の高いアイテム
レビュー評価点の高い商品から順番に表示されます。
追加ブロック.1
自由にタイトルを付け、商品を指定表示することが可能です。
(例)店長のイチオシ商品!など
追加ブロック.2
上記追加ブロック.1と同様です。
HTML自由記述欄.1
一部HTMLタグを含め、自由に追加記述頂ける箇所です。
利用可能なタグは、a,br,div(id,class,style),b,strong,img,font,h1~h5,hr,centerとなります。
HTML自由記述欄.2
上記HTML自由記述欄.1と同様です。
インフォメーション
メルマガ登録画面の表示が可能です。


もちろんGoogleモバイルフレンドリー対策済です☆
まずは無料お試しからどうぞ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加